読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろプロダクション

おもしろき こともなき世を おもしろく

バイク遍歴(2)

日記

前回書いたバイク遍歴のつづき。

2台目のバイクに乗ったのは、ずっとあとの23歳の夏だった。

当時大学5年生だった僕は、就職活動も早々に諦めてひまを持て余していた。授業は後期に固めたので前期はなかったし、バイトは夜しかないし、同級生は新卒で働いているし、留年した友達の何人かは消息不明だし、昼間はやることがない。そうしてダラダラと過ごしていた春うららかなある日、ふと思い立った。

「そうだ、免許を取ろう」

 

自動車の免許は持っていたので、二輪の免許は教習所でバイクに乗るだけで座学はナシ。なんだか楽しそうじゃん。

佛教大学の横から鷹峯につづく長い上り坂を、自転車を立ち漕ぎして光悦自動車教習所まで通う道のりはつらかったが、日頃の運動不足解消にはちょうどいい。ひまにものを言わせて毎日せっせと通っていたら、2週間ほどで免許が取れた。

本当は免許を取ったらおしまいにするつもりだったけど、取ったら取ったでやっぱりバイクがほしくなる。そこでいろいろ検討して選んだのがヤマハのSR400。これは400ccの中では小型の部類で、写真が残ってないのが残念だけど、自分好みにいろいろカスタムができる楽しいバイクです。

 

1台目の原付は真冬に乗り始めたが、今度のSRは8月のはじめに買ったので季節としては申し分ない。関西のバイク乗りのおそらく全員が、まず最初にするのは通称「ビワイチ」と呼ばれる琵琶湖一周である。1周がだいたい200kmくらいで、半日かけてのんびりまわるのにちょうどいい。

それで、ひまにものを言わせて乗り回していたら(たしか8月だけで3回はビワイチをした)、信じられないほど日焼けした。バイクで走っているときは風に当たっているのでそれほど暑さを感じないのだけど、当然しっかり紫外線を浴びつづけたわけで。

でも今思い返してみると、あれほど自由を感じて、ただひたすら楽しいことだけを考えていた夏は、僕の人生でそれまでになかったし、それ以降もない。バイクのほかにはフジロックに行ってビョークを見たり、サマーソニックに行ってレディオヘッドを見たりした。バイクと音楽の夏だった。大学5年生で、将来のことは何ひとつ決まっていなかったけれど。

 

30歳を過ぎて次第にバイクに乗る回数も減っていき、やがてそのSRは手放してしまったが、彼女(バイクのことです)といっしょに日本中のさまざまな場所を走った記憶は、混じりっ気なしの「良き思い出」として、今も僕の中に残っている。