読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろプロダクション

おもしろき こともなき世を おもしろく

好きなCM

最近のCMより、小さい頃に見たCMのほうがよく覚えていたりする。でもこれは何も昔のCMのほうが質が高かったというわけではなくて(アイデアはシンプルで良かったかもしれないけど)、単純に今より昔のほうが感受性が強かったし、テレビを見る時間も長かったし、ビデオもなかったのでCMを飛ばすことができなかったという理由によるものだと思う。その中でも、今でも強烈に印象に残っているCMが3つある。

 


なつかCM ねるねるねるね バナナチョコ味→フルーツ牛乳味

保育園に通っていた頃にこのCMを見て、スーパーで母親に何度もしつこくねだって買ってもらった記憶がある。視聴者の購買意欲をかきたてるという意味では、このCMがいちばん成功している。

 


ピップだだん 1991

今になって見返すまで何のCMか知らなかったもの。キャラクターの印象が強すぎて商品が頭に入ってこないという意味では、これは失敗の部類に入るのだろうか。

 


マルマン 禁煙用パイポ CF(30秒Ver.)

これは単純にオチがおもしろかったもの。僕の通っていた小学校でこのCMのモノマネが流行っていた。当然、先生には「やめなさい!」と怒られた。

 

最後にこれは外国のCMなのでテレビで見たわけではないが、何年か前にカンヌで賞をとったもの(映画じゃなくて広告のほう)。

 


Epuron AD Japanese

僕はこのCMが好きで、たまに見返している。そしてそのたびに「こういうのを自分でも作りたいなあ」と思う。これは広告に限った話ではなく、映画や音楽や小説も含めていくつかあるうちのお手本のひとつとして、僕は何かを書いたり考えたりするときに、このCMをひとつのメルクマール(指標)としてとらえている。